空と海と(山と)BD-1!

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜ポタリング

<<   作成日時 : 2008/04/05 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルは『桜ポタリング』ですが、実際はクランク交換後の試走です。

画像








”見た目チューニング” なので何か変わったかと言えば「別に・・・」。BBがグレードアップしたおかげでなんとなく軽くなった(?)感はあるかもしれませんが、まず 気のせい でしょう。

距離的には家から4Kmくらいにある公園(祖師谷公園)を往復した程度ですが、お花見見納め週(?)だけあって人が結構いました。 桜の花びらが落ちる中を、ゆったりと走るというのは本当に気持ちがいいです。 幸い花粉症持ちではないのでまさに最高のポタリング日和でした。

画像画像画像






クランクの取り付けの異常もなくそのまま帰宅したのですが、帰宅後、何気なくロー側(3速以下)にギアを落としてみると、”カラカラ”と今まではしなかった音がします。 何かに干渉しているかと思いチェーンリング、リアサブフレーム、スプロケまわりも見たけど特に何も当たっていません。

「何これ?」
すぐさまネットで検索。

・・・どうやら、もともとBD-1はローギア側はカラカラ音がしたり、クランクを逆転させるとチェーンが外れたりという特徴?があって、要はチェーンラインが想定以上に”振れる”とこのような音が出たり、最悪はチェーンが外れたりするそうです。 確かに1速に入れた状態でチェーンラインを見てみると随分と右に振れすぎているような気がします。
これはBBの中心からチェーンリングをどれだけ外側にオフセットするかという BBの軸長 が関係し、このような場合外側に”出すぎ”ということになります。

画像








今回のBB(SHIMANO 105/BB-5500)の軸長は118.5mm。(BD-1純正もこの長さ) しかし今回交換したクランクの関係で結果的に少し外側にオフセットし過ぎなのかも。 109.5mmという軸長のものもあるのでこちらにすれば9mm内側にもっていけます。 ただ9mmも内側にもっていった場合、今度はチェーンがリアサブフレームに干渉するんじゃないかと。。。

もはや自分で判断できないので、おおやまさん(購入元)に相談です。 ちなみにBD-1のフロントをW化したりする人は、このBBの軸長でいろいろ苦労されてるみたいです。

P.S. 帰宅後に今回のポタ先を見ているとこんなコースが・・・。先に知っていればもっとポタが充実できたのに。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜ポタリング 空と海と(山と)BD-1!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる